地域福祉ネットワーカーとは、制度の狭間など既存の制度やサービスでは解決できない課題について、地域の皆さんと一緒になって解決に向けたネットワークづくりを行う専門職です。

他都市では、コミュニティ・ソーシャルワーカー
(略称:CSW、住民と協働する個別支援ワーカー)と呼ばれることもあります。

東灘区社協では、平成24年4月より1名、平成28年4月からは2名の地域福祉ネットワーカーが配置されました。

 


代表的な活動内容(他区分を含む)

今までの制度や支援体制では、解決が難しかった課題の解決に向けて取り組みを行っています

  • ひきこもり世帯への支援
  • 障がい者の居場所づくり
  • 「ごみ屋敷」の解消への支援
  • 外国籍の子どもたちへの学習支援
  • 障がい当事者のネットワーク化
  • 買い物困難地域への支援

地域福祉ネットワーカーの信念

  • 地域住民や地域での活動者の声に耳を傾けます。
  • 地域住民の主体的な活動を大切にします。
  • 誰もが住みやすい共生のまちづくりに寄与します。
  • 課題に関係する専門職や関係者のネットワークづくりを進めます。
  • 新たな社会資源や支え合い活動を創出します。
  • 複合する福祉課題や地域共通の福祉課題を包摂の姿勢で受け止めます。
  • 個別の福祉課題が新たな地域の福祉課題ではないか注視します。

8つの機能

相談窓口機能
本人や家族はもとより近隣住民からの「気づき」の相談をお受けします。
ニーズ把握機能
福祉課題をさまざまなチャンネルを通じてキャッチします。
問題解決機能
制度につないだり住民・専門職につないだり、解決に向けた取り組みを進めます。
地域住民へのエンパワメント機能(自らの力で問題や課題を解決していくことができる力)
福祉課題をお互いさまの意識でとらえられるよう地域住民へ働きかけ支援します。
地域組織化機能
課題へ対応するとき関心のある住民や当事者の組織化を進めます。
ネットワーキング機能
課題に対応する住民、専門職など関係者のネットワークづくりを進めます。
地域の支援システム構築機能
課題の解決や予防に向けた地域での支援システムやしくみづくりを進めます。
小地域の支え合い活動の支援助成
住民同士で支え合える活動を一緒に考えていきましょう。